不登校 引きこもり 子供のストレス障害支援センター
NPO輝け元気! 225-0001 横浜市青葉区美しが丘西2丁目
入会案内・資料請求 お問い合わせ
今、苦しんでいるあなたへ 子供との接し方に悩んでいる方へ
大門隆からのメッセージ 活動の目的 卒業生の声 心の救命カウンセリング 輝け元気とは
入会案内・資料請求
めだかのがっこう 我が子の学校復帰を目指すお母様へ!
駆け込み寺
今苦しんでいる君へ
親のオープンカウンセリングルーム 不登校って何?どうして我が子が?
親としてどうしたら良いかわからない人へ
NPO概要

卒業生の声


■小5から輝け元気!に通った Bさんのインタビューより
Q1 いつから不登校になりましたか? 期間は?

小学校の4年生くらいから学校に行くのが本当に嫌だった。でも親が共働きだし、無理矢理行かされてた。全く行かなくなったのは5年生の2学期からかな。親が分かってくれるまでが本当に大変だった。1年半は行かなくて済んだから本当に助かったよ(笑)。



Q2どうして学校がそんなに嫌だったんだろう?

それは自分でもよく考えてみたんだけど、今も良く分からない。幼稚園の時からみんなで遊んだり何か一緒にやるということが好きじゃなかった気がする。それに学校って規則ばっかりじゃん。みんなで一緒というのが苦手なのかも知れない。でも友達がいなかったわけじゃないよ。仲のいい子は二人くらいいたし、今でも時々会うし、会えば楽しい。何人もと広く浅く付き合うというのがダメなのかな。それに小学校って男が幼くてどうしようもないと思う。うるさくて本当に嫌だった。でもいじめに会ってたというんじゃないよ。一回なんか掃除当番の時、雑巾投げられたから思いっきり投げ返してやった。そしたらその子の首に当たって泣かせちゃった。今思えばかわいそうだったと思うけど、あの頃はいつも怒ってたからしょうがないよね。それでみんなわたしのこと怖がって近寄らなくなったから逆に良かった(笑)。



Q3一番辛かったのは?

小5の2学期(夏休み明け)。親からは責められるし、行こうと思ってもどうしてもダメだった。あのときは自殺も考えたんだよね。台所で包丁を取り出してどれくらい痛いかって考えた。何しろ自殺しようって言うんだから少しくらい痛いのはしょうがないか、とかね(笑)。
どうしてあんなに辛かったんだろう。今考えても良く分からないんだけど、学校のこと考えると、教室でひとりで本を読んでて目は字を追っているんだけど、頭の中は真っ白な自分しか浮かんでこなかった。考えてみると普通の子は群れてるって言うかグループを作ってるじゃない。わたしはクラスにそういうグループがあるって事にも気が付かなかったんだよね(笑)。やっぱり特異体質?って言うか変わってることは確かだと思う。



Q4トラウトクラブに来て良かったことは?

やっぱり無理に人と付き合わなくて済んだ事かな。規則で縛ろうとしないし、放って置いてくれるしね。でも段々と話が出来るようになって、最近は良くしゃべるようになったと自分でも思う。大門先生の話が難しくてさ。イラク戦争の話とか自然破壊の話とか、それから絶滅種の話とか。わたしが自分で言いだしたことなんだけど。一度なんか、話のレベルが高いよ、こっちは小6の女の子なんだからって言ったことあったよね。覚えてる?でも、わたしもそれなりに自分の意見、言ったけど。
考えてみるとそれが良かったのかも知れない。ちゃんと大人として扱ってくれたって事だから。自分が普通の子達より大人って言うか幼くないことが分かったし、少しくらい変わっていてもいいんだと思えるようになった。
それから6年の算数を教えてもらって自信がついた事かな。国語はもともと出来るし理科とか社会はやれば出来るからね。



Q5これからの計画は?

4月から中学に行ってみる。そりゃまだ少し嫌な感じはするんだけど、小5の時みたいにはならないと思うんだ。それにまた辛くなったら、またトラウトクラブに来ればいいと気楽に考えてる。わたしは夢があってなりたいものがあるから、ちゃんと大学まで行って勉強したい。大学までいくうちに他の夢が出来るかも知れないけど、それはそれでいいと思う。今は今の夢を大切にしたいと思ってる。

→戻る

輝け元気 TOPページへ | 入会案内・資料請求 | サイトマップ | 運営と後援 | プライバシーポリシー | お問い合わせ

NPO 輝け元気 運営本部:〒225-0001 横浜市青葉区美しが丘西2丁目
Copyright ©2011 All Rights Reserved.