まず滅多なことでは不登校にならない「性格タイプ」。しかし、その子どもは不登校に?!

=性格タイプ「自己主張する仕切りたがり屋」= まず滅多なことでは不登校にならない性格タイプというのがあって、その代表が「自己主張する仕... 続きを読む

NAちゃん(小4)のお母様からお礼のお手紙

早めの相談が功を奏して短期で学校復帰を果たしたNAちゃん(小4)のお母様からお礼のお手紙   =早めの相談がポイント=... 続きを読む

強烈な「自分らしさにこだわり抜く個性派」の後半です!

「私は私だ。誰も私のことを理解しない。私は人と違って特別だ!」、痛みと共にこう感じる「自分らしさにこだわり抜く個性派」の後半をお届けします。... 続きを読む

大分類の遊離型では、いえ、すべての性格タイプの中でいちばん強烈かも知れない「自分らしさにこだわり抜く個性派」(前編)

=自分らしさにこだわり抜く個性派= 大分類の遊離型に属する性格タイプで、前々回は「人がうっとうしい思考回路型」、前回は「心の中で遊ぶ平... 続きを読む

「真に自分自身を生きる感覚」から目を背ける傾向が強い「心の中で遊ぶ平和主義者」の続き、後半です。

=眠っている力= カウンセリングでは、本来このタイプが持っている「力の感覚」を思い出してもらう様に努めます。「力の感覚」って何?こうい... 続きを読む

大分類「遊離型」の中では中山脈となる「心の中で遊ぶ平和主義者」について

大分類のうち不登校が圧倒的に多い「遊離型」の特徴について ここは、これまでの復習です。 「遊離型」の場合、自分と人との関係のベー... 続きを読む

不登校にいちばん多い「人がうっとうしい思考回路型」

ここは前回の投稿の復習になります。 =性格と不登校とは関係ないと考えると間違ってしまう!= 「不登校は、その子が体験していく出来... 続きを読む

不登校の克服には、「性格の三分類」を知っておくことがどうしても必要です。

=起こった出来事との関連で考えると的外れ?!= 数多くの不登校の子ども達と20年も接してくると、不登校になりやすい「性格」というのがあ... 続きを読む

「不登校ではないけれど」(後編)

=現代日本で子どもが大人になることの難しさ= こういう仕事を長いこと続けてきて私が感じるのは、この現代日本という時代に子どもが「大人」... 続きを読む

  • カテゴリー: ご相談 |
  • 投稿日: 2018年05月17日 |

一筋縄ではいかない!「不登校ではないけれど」中編

回答者 大門隆:「とても良いお嬢さんで今のところ問題ないのではないでしょうか」 =固定的に考えると間違いの元= 個人差もあります... 続きを読む

  • カテゴリー: ご相談 |
  • 投稿日: 2018年05月14日 |
1 2 3 4 5 6 7 14