対人恐怖で不登校になった高1のF君のインタビューから

Q1.いつから不登校になりましたか?期間は?

=高110月でダウン=

高校に入学してすぐの夏休み明け、9月まで頑張ったのですが、10月のはじめからどうしても行けなくなりました。いったん不登校になると、輝け元気!に通うようになるまで、翌年2月はじめまでの4ヶ月間ですが、ほぼ完全に引きこもってしまいました。

大門さんのカウンセリングは、予備校に通い始めて、もう大丈夫となった翌年の6月まで、1年4ヶ月受けました。

=高校卒業をあきらめて退学=

どうしても怖くて外出できないときがあって何度かカウンセリングを休みましたが、本当に少しずつ確実に良くなっていきました。今年の3月からは予備校に通えるようになりました。高校は、1年を留年する形で休学していましたが、不登校が続いたので2年に進級する可能性がゼロになった去年の時点、二度目の高1の6月ですが、退学しました。

=高認で大学受験へ=

その秋に高認(旧大検)を受験することが出来て全科目で合格しましたから、来年の大学受験で合格できれば、みんなと同じ歳に大学に進むことが出来ます。一時は大学どころか高校中退になるかと思っていたので、やっぱりとても嬉しいです。

 

Q2.不登校になった原因は?

=親しい友達が全くできなかった=

高校で不登校になりましたけど、僕の場合は、今思えば、いじめがあったわけではありません。ただ親しい友達がまったく出来ませんでした。だんだんと息苦しくなり、クラスメイトが怖くなりました。

=夏休み前にすでに被害妄想に!=

考えてみると、実力以上の高校に合格してしまったのがつまずきの原因になったと思います。同級生全員が自分より遙かに頭がいいように感じました。今思えば何気ない会話で否定されたり馬鹿にされたりしたように感じて、被害妄想になりました。そう思うと余計に自分から話しかけると言うことが出来なくなり、やがて、クラスメイトの全員が自分のことを嫌っているとしか考えられなくなりました。高1の夏休み前には、もう人の目が気になって気になって学校にいる間中とても辛くなりました。馬鹿にされないように虚勢を張っている自分に気がつきませんでした。

=人の視線から逃げたい!=

思えば、あの頃は自分というものを完全に見失っていました。本当の自分の気持ちに気がつくことが出来ませんでした。最後には「もう学校から解放してくれ!」、「人の視線から逃げたい!」という気持ちしかありませんでした。

=対人恐怖は高校で始まったのではなかった=

大門さんのカウンセリングを受けて分かったのは、僕の対人恐怖が高校時代に始まったのではないということです。

=不登校になる強さがなかった!=

小学校の高学年からいじめに遭っていました。静かであまりしゃべらない子どもでしたし、野球やとくにサッカーが苦手で、仲間に入れてもらえないのに、グラウンドから離れられないような子どもでした。劣等感があるのにそれが表に出ないので、弱虫と思われたのだと思います。気がつかないうちに、ほとんどクラスの全員から言葉の暴力を受けるようになりました。言葉の暴力が、やがて、ぶたれたり蹴られたり突き倒されたりという暴力に変わっていきました。それでも不登校にはなりませんでした。芯が強くてというのではなく、不登校になる強さがなかったのです。

=ケンカ両成敗??なぜ?=

それでもあまりにも悔しいことがあったので担任の先生に訴えましたが、「ケンカ両成敗だ」と言われて暴力を止めてはくれなかったのです。これはかなりのショックでした。この時から余計に人と話さなくなりましたし、悪循環で余計に人が怖くなったので、人間関係を客観的に見ることが出来なくなったように思います。

=存在しなくなった正義=

どういうことかというと、友達や先生の目線というのがなくなって、自分の目線でしかものごとを見られなくなったと思います。客観的な正義というのが自分には無くなってしまいました。

=中学では受け狙いのピエロ役を!=

中学に入って、無視されないために、そしていじめられないために、自分のキャラクターを一変させました。というよりクラスメイトが怖いので、逆に半分やけになって、ウケ狙いのピエロ役をやったのです。そうしたら予想以上にウケて、たびたびリクエストが入るほどになりました。みんなが笑い転げるので引っ込みがつかなくなって、中3までそのキャラクターを演じました。

=心は泣いていた!=

友達が増えてちょっとした人気者でしたが、ピエロ役をやっているとき、こころは泣いていました。小学校時代からの同級生は必死で避けていましたし、今思えば、本当に屈折した心理だったと思います。

=本音は出さないもの、出せば人から嫌われる=

でも、このおかげで部活では親しい友人が出来ました。この友人達とは、今でも付き合いが続いています。もっとも、引きこもり状態の時にはこの仲間とも会うことが出来ませんでした。だから、親しいとは言っても、心には「本音は出さないもの、出せば人から嫌われる」という意識が染みこんでいて、一種の演技が出来ないのに、会うなんて考えられなかったのです。

=もうピエロ役は出来なかった!=

こうして、高校に進んだのですが、中学時代の友達は一人もいない高校で、まさかピエロ役をまたやることも出来ませんでした。かと言って、本当の自分を素直に正直に出していくなどと言うことも出来ないので、否定されないように馬鹿にされないようにガチガチの自分を支えるしか方法がなかったのです。

=対人恐怖になったのは必然だった!=

当たり前の対人関係を作っていく力が自分にはなかったのです。だから、僕が対人恐怖症になるのは必然でした。小中とそのための準備をしてきたように感じます。

 

Q3.いつ頃がいちばん辛かったですか?

=家族から責められたことは一度もなかった!=

こうして不登校と対人恐怖を乗り越えて思うのは、自分は本当によい家族に恵まれているということです。僕のことで家族のみんなが苦しんだと思うのですが、このことで家族から責められたことは一度もありませんでした。それだけに申し訳なくて辛さはありましたが、どんなに助かったか分かりません。

=赤ん坊に戻って胸に飛び込め??=

それでも両親の勧めで、最初は高校のカウンセラーさんのカウンセリングを受けたのですが、赤ん坊に戻って胸に飛び込めと言われて、困惑しました。今では笑える話ですが、どうしてほとんど知らない女性の胸に飛び込めるのか、そんなことを言われなければならない自分が本当に情けなくなりました。それに30分のカウンセリングで、聞かれたことに何か答を出さなければなりませんでした。沈黙が許されない場だったので、たったの30分が恐ろしいほど長く感じました。

=外出すればそこは戦場!=

情けないと言えば、やむを得ず床屋さんとかに行くときでも、遠回りの裏道を選んで顔を伏せながら、誰か知っている人が通らないかびくびくしながら歩いたことです。実際に知っている顔が遠くに見えると、心臓を縮み上がらせながら物陰に隠れました。外出は本当に戦場に行くようなものでした。

 

Q4.輝け元気!のカウンセリングで良かったことは?

=両親がそれぞれ勧めてくれた輝け元気!=

輝け元気!は、高校のカウンセリングがダメだったので、両親が探してくれ、二人とも輝け元気!をそれぞれに探し当てて、勧めてくれたのです。大門さんに会う前に、サイトを読んでいたせいなのか、当時としては不思議ですけど最初から不安はありませんでした。

=興味が湧いた「性格」の話=

最初の頃ですが、人が生まれながらに持ってくる性格の話などに興味が湧いてきて、2ヶ月ほどしてもうだいぶ楽になってきました。怖くて外出できないときも何回かあったし、カウンセリングの場から逃げたいこともありましたけど、ちゃんと前に進んでいるという感じがして、通い続けることで達成感というか、達成できるだろうという自信が湧いてきました。

=呼吸法とイメージワーク=

大門さんから、「体がこりまくってカチカチだね!まずは体の力を抜こう」と言われ、呼吸法をやりました。いつも歯を食いしばっていたせいで肩も背中も本当にカチカチでした。最初は、深く息をすることさえ出来なかったのです。力を抜いて楽に息を吸い、ゆっくりと息を吐いていく時に、その吐く息の中に自分の子供時代をイメージすることが出来るまでに、3か月くらいかかりました。自分を見つめることがどういうことなのか、試行錯誤で、良く分かりませんでした。

=真っ黒なタール状のもの=

8ヶ月くらいの時、突然イメージワークが深まりました。自分を見つめることが出来るようになったのです。本音をねじ曲げ自分に対して嘘をついてきたものが、積もり積もって黒いタール状のものになって、こころの中にべっとりと張り付いているのが見えるようになりました。

=次に現れたのは「壁」=

このタール状のものの正体が見えると、次に自分の目の前を塞いでいる壁が見えました。この壁は、自分を相手から見えにくくし、自分からも相手を見えにくくする役割をしていました。タール状のものも壁も、それを乗り越えていくというのではなく、しっかりと見つめることで、自然と消えていきました。

=思ってもみなかったパワー=

「性格」のところでは、本来の自分は、「嵐で根ごと引き抜かれた大木を楽々と運んでいく大河」のように悠々としたパワーがあるのだと言うことを言われました。子供時代の自分の感じ方や考え方がズバリ当たっていたので説得力がありました。時間はかかりましたが、自分の中にあるパワーを確認することができたし、そのパワーを引き出して現実に向き合っていくことが出来ると思えるようになりました。

 

Q5.これからの計画は?

来年2月の大学受験に向けて頑張るのみです。

今は週に6日間予備校に通い、朝から晩まで勉強しています。学校に対する恐れも人に対する恐れも消し飛びました。自分も見えているし、自分が進みたい道も見えています。失敗することもあるでしょうけど、夢があって、その道に向けて進んでいけるという自信があります。自分の努力がいつか人のためになるなら、ちっとも苦になんかなりません。頑張ります。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*