中3から輝け元気!に通ったH君からの手紙より

三年間の混迷を乗り越えて、今、大学受験に向き合うH君からの手紙を当会で編集してご紹介します。

=中1の秋から高1の秋まで登校出来たりできなかったり=

僕は中1の秋から心身ともにおかしくなって、高1の秋までほとんど3年間、学校に行けたり行けなかったりを繰り返しました。

=丸一日寝てもまだ眠い=

私立の中高一貫校に入ったので最初のうちはその影響かなと思っていました。というのは、中学受験の疲れが出たり、第一志望に落ちて第2志望の中学になったからなのかと思ったり、自分でもそう思おうとしていました。 とにかく中学に入る前には一日7時間半くらいで間に合っていた睡眠時間がどんどん長くなり、一日11時間以上、ひどい時には丸一日眠ってもまだ眠いという状態で、ともかく朝目が覚めないのです。 大門さんのところに通ったのは、欠席日数が多くて高校への進学が厳しくなった中3の秋からです。

=母親に対する異常な甘えと嫌悪感=

学校側のお情けで何とか高校に進むことは出来たのですが、夏休みまでの前期にほとんど登校できない状態になって、高1から高2への進級は我ながら絶望的だと思いました。 大門さんと色々と話すうちに自分には母親に対する異常な甘えと嫌悪感、はっきり言ってしまえば異常な甘えと憎しみが混在していて、どちらの自分も認めることが出来ないということが分かってきました。 どちらの自分も認められないし、甘えと憎しみの両極端に自分が切り裂かれているのだということが分かってきました。

=酷かった夫婦喧嘩=

うちは昔から共働き世帯で、父は僕が小学生のころから何回か転職を繰り返し、僕が小6の時にサラリーマンを辞めて自営業を始めました。 父と母は仲が悪く、何かというと母が父をバカにして公然と父の転職を非難していました。母はいわゆるキャリアウーマンで自分は転職を重ねる度に出世して指導的な立場になって行くことを自慢し、父は逆に転職の度に収入を減らしていると愚痴を言っていました。 母は、子供達の前で公然と父をバカにしたり、更に悪いことには、父のいないところで父の悪口を僕たち兄弟に吹き込んだりしました。それなのに、旅行する度にホテルのトイレットペーパーを持ち帰ったりするので、父がいけないことだと言うと、逆ギレして「清く貧しくなんてゴメンなのよ」と怒鳴り返すような母でした。僕たち兄弟には、「馬鹿正直にやっていたら生きてなんかいけないんだからね」と繰り返し言い聞かせるような母親でした。

=思春期うつ病という診断が=

いま思い返すと、父は中1の秋から僕を大学病院や漢方医に連れて行ってくれたり、いよいよ原因が分からないとなると精神科に連れて行こうとしました。僕は激しく抵抗しましたが、高1の5月には学校に欠席を連絡することも出来なくなり、目が覚めた後も何時間も放心状態で、何も感じることも考えることも出来なくなりました。 どうにでもなれと思って精神科に行きましたが、思春期うつ病で、それに効く薬がないからカウンセリングを受けろと言う話になり、何回か父の送り迎えで通いましたが、そのカウンセラーとはとうとうまともな話は一度も出来ないまま終わりになりました。

=壁を何回も殴って=

中学時代からの友人が心配して電話かけてきてくれたりしたのですが、その時は嬉しく話が出来ても、電話を切ると猛烈に苦しく悲しくなり、壁を何回も殴って指を3カ所も骨折しました。

=「生まれて来て良かった?」=

あの頃のことが良く思い出せないのですが、父が大門さんを家に呼んでくれたのだと思います。 いきなり「H君、生まれてきて良かった?」と尋ねられたのです。何も答えられなくて、でも泣き声だけがこみ上げてきました。父も泣いていました。大門さんは何か明るく笑いながら何かしゃべっていましたが、大門さんも泣いていたと思います。

=怒りが軽くなるのが見えるよう=

それから父のこと、母のこと、何より自分の事が良く分かるようになり、考えたことを言葉に出来るようになりました。というより、ちゃんと感じられるようになったという方が正しいと思います。 母から旅行に行こうと誘われてもきっぱりと断ることが出来るようになり、母に対して自分の軽蔑や憎しみを言葉で投げつけられるようになると、怒りが軽くなるのが見えるように感じました。 幼かった僕には父の愛情は見えず、母の愛情が欲しかったのだと思います。だから、母に甘えるために母を否定することが出来ませんでした。

=乳離れした自分の証(アカシ)

大門さんは「君のお父さんの君に対する愛情は強くて深い。お母さんの愛情はエゴで愚かだ。けれども、その強さ深さはお父さんと変わらない」と良く言いました。 今は母と普通に話をするようになりましたが、今でも話していて母に対する軽蔑の念が湧いて来ることがあります。自分では、この軽蔑の念こそ母から乳離れした自分の証のように感じるのですが、父はこのことを言うとあまり喜びません。母がいなかったら僕も弟もいなかったのだからと言います。

=学校にも感謝=

大門さんは、愛も憎しみも尊敬も侮蔑も同じこころに同時にある、それが混在していて揺れ動くのが人の心で、その動きを見つめ感じられることが大切だと言います。 とてもその境地には行きませんが、いま高3で大学受験に取り組めている自分を素直に喜びたいです。大門さんと父母に感謝していますが、去年の4月に高1から高2へ上げてくれた学校にも感謝しています。 たぶん第一志望に合格していたら僕のような落ちこぼれは相手にしてもらえなかったと思います。

=苦しかったこの経験を活かしたい=

良かったか悪かったかなんて、その時には分からないのだとつくづく思います。来年の大学受験も同じで一生懸命やるだけやって受かったところに行けば良いんだと割り切って考えられるようになりました。 苦しかったこの経験を活かせるように生きて行きたいと思っています。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*