自分っていったい誰?それが分からない事をアイデンティティ クライシスと呼びます。(後半)

さていよいよUさんの内面に迫ります。 =お母さんに否定された?= 「高2の時に私が看護士になりたいと母に言ったとき、母は人付き... 続きを読む

自分って一体だれ?それが分からない事を「アイデンティティ クライシス」と呼びます。(前半)

小学校時代から自分が出せないことに悩んで来たUさん、大学生になって不登校になりました!輝け元気!のメール相談から。前半です! =箸が... 続きを読む

サービス精神旺盛で愛されるキャラクターのJ君、さて、「人をもてなすエンターテイナー」の後半です。

内面的な不安や空虚さから逃げようとするものの、いつもうまく行くとは限りません。さて、後半です。 =何であれ飛びつくが、最早、喜びを感... 続きを読む

J君の性格タイプ「人をもてなすエンターテイナー」前半です。

さて、やりたいことを目一杯やろうとして、時間を稼ぎ出すためにお母さんに対して嘘つきまくりとなってしまったJ君の性格タイプを紐解いていきまし... 続きを読む

今回の主役は「人をもてなすエンターテイナー」です。この性格タイプでも、ここまで追詰められてしまうのです。

中2から輝け元気!に来たJ君のインタビュー Q.1 J君はいつから不登校になったの? J君. 休み始めたのは中2の夏休み前から... 続きを読む

「何かを信じたい!でも優柔不断な人」の心理。Iさんの心の奥に潜む「恐れ」の構造を解き明かします。

=信義に篤(アツ)く忠実な人= このタイプは、友情や信念に最も忠実です。築かれた友情関係や、自らの内に培われた信念を捨て去ることを嫌... 続きを読む

「何かを信じたい!でも、優柔不断の人」。Iさんのインタビューから。

Q1         Iさんはいつから不登校になったのです... 続きを読む

「不登校児は頭が悪い、学力的に劣る」という大嘘!後半です!

=適応力を育てることが出来ない!= この問題は、家庭の問題であり、学校の問題であり、地域社会の問題でもあります。つまり、親が... 続きを読む

不登校児は「学力的に劣る、つまり頭が悪い」という大嘘!今回はこれを取っかかりにして、少し大きい視野で書いてみます。

=二つに分けて考える必要がある「頭の良さ」= 世間一般で「賢い=頭が良い」と言うと、「学力的に優れていて学業の成績が良い」と... 続きを読む

子どもを不登校にしやすい親の性格と不登校になりやすい子どもの性格!後半です。

=子どもの問題か?親の問題か?= 不登校の原因というのは、病気や心理的な問題、あるいは発達障害があって学校や人間関係に馴染めないなど... 続きを読む

  • カテゴリー: 未分類 |
  • 投稿日: 2019年05月3日 |
1 2 3 4 5 18